高級感が倍増、ビジネスシーンでも使えるApple Watchのステンレスバンド

5.0
トラベルグッズ

 Apple Watchは便利に使用するガジェットとしての性能はもちろん高いですが、やはりファッション性という部分でも色々楽しめますよね。私も服装やTPOを踏まえて、ほぼ毎日バンドは着せ替えています。
 基本的に自宅にいる時は、購入時についてきたNikeのバンドをつけています。とにかく軽いので時計をつけてる感覚があまりないです。
 今回紹介させていただくバンドは仕事へ行く時や、ちょっとフォーマルな雰囲気を出したい時につけるステンレススチール製のバンドです。
 このバンドをしているとよく言われるのが「えっ?それってApple Watchなの?」です。Apple Watchに触れたことがことがなかったりする人は簡単に着せ替えが出来ることを知らず、意外に思うみたいですね。

急に高級感が出ちゃいました

 やはりシリコン製のスポーツバンドとは雰囲気が大分変わります。もちろんスポーティーなオシャレをする時はシリコン製が似合うと思いますが、ステンレスにすると高級感が一気に増しますよね。
 高級時計メーカーの雰囲気すら感じてしまいます。

実際に腕にはめてみた

 腕にはめてみます。カッコイイ。。。
 シリコン製に比べると重厚感があります。もちろん実際に多少は重くなります。といっても特別な重さではないのでご安心を。
 シルバーのバングルやブレスレットのような感覚でつけるのもいいですよね。意外とミサンガやチャンルーなんかのブレスレットとコンビでつけてもいい感じです。

バンドの長さ、形状など

 ベルトの長さは自分で簡単に調整出来てしまいます。横に小さなピンが入っているので、それを抜くと1ブロックずつ間引ける構造になっています。
 私が経験したことなのですが、バンドをキツめの長さにしておくと、腕に力を入れた時にはずれてしまうことがありました。そんな時ははずしたブロックを1つだけ戻すといいと思います。
 写真の状態くらいの閉め具合で外れることはありません(ごくごく普通の閉め具合なら全く問題ないと思います)。

 開閉は写真センターのあたり上下のボタンを同時に押すと、カチっという感覚と共に観音開きにロックが解除されます。
 脱着は非常に簡単です。私は大体帰宅するとこのベルトは外して、自宅仕様のシリコン製へ変更します。

まとめ

 かっこよくて使用用途も多くなるバンドだと思います。これはコレクションの中に入れておいて損はない逸品だと思いますよ。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました