用途はアイデア次第、ダイソーとセリアで買えるオシャレでカワイイ麻袋を比較してみた

4.5
100均

 ガジェットやちょっとした小物を収納したり持ち運ぶ際のケースやバッグ(袋)って色々な種類を持っておくと、ふとした時に便利だったりしませんか。私は特に用途が決まっているわけでもないのに、ちょこちょこと収納系のグッズを買ってしまいますが、なんだかんだでどれも意外と重宝していたりします。
 先日、コーヒー豆の専門店の店先に実際にコーヒー豆が入っていた大きな麻袋が100円で売られていました。思わず手に取り購入しそうになっていたのですが、普通に考えて大きすぎる。また当然使用済みのものなので、かなり汚れており破損もしている。と珍しく冷静な判断をして買うのはやめました。が、麻袋の質感や雰囲気ってかっこいいですよね。
 そんな折、ダイソーでこれまた麻袋が売っているのを発見、さらにライバル店舗セリアにも売っていました。各店ともデザインは何種類かずつ置いてありました。両店で1つずつ買ってきたので比較レビューさせていただきます。

サイズ感、質感など

 まずはダイソーの麻袋。商品名は「JUTE VEGETABLE STOCKERジュートベジタブルストッカー」というのですね。「麻の野菜入れ」といったところでしょうか。
 サイズは約30cm×35cmといった大きさです。口の部分は紐で搾れるきんちゃく袋のようなつくりです。

 こちらはセリアの麻袋。商品名はダイソーと同じ全く同じですね。サイズは一回り小さく、約25cm×30cmです。こちらもきんちゃく袋型です。
 両方とも麻の質感や生地の網目の雰囲気は同じように見えます。多少ひっぱったりしても破れてしまうような気配はありません(丈夫そうです)。

用途

 買う時からなんとなく考えていたのですが、アウトドア用の黒皮鉄板がピッタリなのでは!?私がソロキャンプ用に使用しているoka-d-artの鉄板の大きさがちょうどB5ほどのサイズで、写真のように横向きですっぽり入りました。上のほうが余るので折り返して使えばかなりいい感じです。

 とすると一回り小さいセリアのほうは、写真のようにカトラリー系のものや食器、トングなど入れるのにちょうどよいかなと思っています。

まとめ

 ちなみに、麻袋って細かい繊維が抜けます。当然、中に入れているものにそれらが付きます(息を吹きかければサッと落ちますが)。私的にはキャンプへ行く際には清潔で綺麗なケースに入れていき、帰りはザっと掃除をして麻袋に入れて持って帰ってくるといった使い方が最適かなと思っております。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました