信州長野県発のアウトドアブランド「FUTURE FOX」よりデザイン性の高いコット

アウトドア

 アウトドアグッズの中でもコットは機能性、快適性を備えた素晴らしいグッズだと思います。機能性という意味では、地面との距離を保つことで地表から伝わってくる温度を緩和してくれるため、暑い夏でも寒い冬でも重宝します。快適性という意味で弾力のある造りから気持ちの良い寝心地を提供してくれます。今回紹介させていただくFUTURE FOX(フューチャーフォックス)のコットは機能性、快適性に加え、デザイン性も非常に高いコットだと感じました。単色無地のコットが多い中、こちらのコットはノルディック柄になっています。

FUTURE FOX(フューチャーフォックス)について

 同梱物の中にはかわいいステッカー(写真左)とブランド案内が入っていました。FUTURE FOXは2020年4月に信州長野県で誕生した新進気鋭のアウトドアブランドなのですね。日本発のブランドというのは、なにか大きな期待をしてしまいます。

部品の全容

 内容物を広げてみました。メインのベットシート生地1枚、サイドのポール2本、脚部5本。それぞれのパーツは折り畳まれて輪ゴムで留めてありました(写真左)。ゴムを外すとバラけてしまうので、別途で折りたたみ収納用にバンドを用意したほうが良さそうです。パーツの接合部などはしっかりできており、簡単に写真右の状態まで組み立てられました。

組み立て方

 まずはサイドのポールを挿入します。入り口は写真ようにストラップがついている方です。逆からだとポールを固定できなくなるのでしっかりと確認が必要です。ポールを挿入したらストラップを引っ張ってポールの頭を覆い隠します。これでサイドのポールが固定されます。

 本体を裏返して脚部を取り付けます。この作業については力も入れずに簡単にできたというと嘘になります。他メーカーも含めコット全般に言えることですが、やはり脚部はめ込みには多少の力が必要です。ただ、力の入れ方、体重の掛け方のコツをつかめば組み立てることはできると思います。一般的にみれば、組み立てやすい部類に入るのではないかと感じました。

組み立て完了

 見た目が本当にオシャレだと思います。総重量は2.5kgしかないので非常に軽く感じます。一般的にいうローコットという部類で地面からの高さは16cm。ベット面の大きさは185cm × 66cm。幅が66cmもあるというのも大きなポイントです。ベットシートは厚手のポリエステルで耐荷重は150kg。大柄な人でも十分に使用できるスペックです。貼り具合を確認してみたのですが、しっかりとテンションがかかっており抜群の張り、寝心地もとても良いです。しっかりと研究して完成した商品であると感じました。

収納袋

 まず入り口のファスナーが長いので非常に収納しやすいです。また、写真のようにセンター部分にフックがついているので、持ち運ぶ際などにはバックパックに引っ掛けられますし、また、コットを使用時にはどこかに掛けておくこともできます。

他のアイテムとの親和性

 実際に使う時のことを想定して、他のアイテムと合わせてみました。まず、バンドックのフォールディングマットをのせてみたのですがサイズ感はピッタリ(写真左)。そして、さらにその上に以前紹介させていただいたインナーシーツ(薄手の寝袋)をのせてみたのですが、コレもぴったり。

まとめ

 2020年4月に誕生したばかりの日本ブランド「FUTURE FOX」のコット。基本性能はしっかり整っており、更にデザイン性も抜群。実際にキャンプで使用することがしっかりと想定できる素晴らしいローコットでした。同ブランドの今後の製品にも注目したいところです。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました