激安、Bluetoothワイヤレスイヤホン、使ってみました。

4.0
トラベルグッズ

 appleのAirPodsが大ヒットするなど、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンってかなり浸透していますよね。確かに配線コードがないというだけで、かなり便利だと思います。
 私は実は音楽関連の仕事とを本業としているので、ある程度、音質というものを聴きわけられるのですが、実際のところイヤホンというもの自体に高音質、高再現度を求めていません。というのもイヤホンで音を聴いている環境自体に様々なノイズや生活音が入ってくる事が多いからです。
 ノイズキャンセリングを使えばいいのでは?とか言われてしまいそうですが、私の場合は外などで聴く場合はBGM程度に音が鳴っていてくれればよくて、あとは極端にどこかの帯域が抜け落ちていたり、ノイズがのっていたりなどの難点がなければ合格です。(というか実はこれくらいの基準で音を聴いている人のほうがおおいのでは?)
 そのあたりの基準も考慮してレビューしてみしたので、よかったら参考までに。

まずは同梱物

 同梱物すべてです。充電用コード(USB)、本体、説明書です。

ケースをあけてみると

 本体ケースの蓋をあけると、もうapple製品感覚全開のデザイン。このての商品デザインは模倣していますよね。

説明書について

 説明書にはペアリング方法などが記されています。が、外国語を強引に翻訳したであろう文章で、正直、文法はめちゃくちゃ、意味もよくわかりませんでした。
 ただ、ペアリング方法は単純に左右のイヤホンのスイッチを同時押して電源ON、その状態でiPhone側でBluetoothデバイス「TWS」を選んであげれば接続完了です。

サイズを測ってみた

 ケースの大きさはこんな感じです。かなりコンパクトで、ポケットにも入ってしまいます。
 余りにも小さいので逆に失くしてしまいそうな心配をしてしまいます。

 イヤホンのほうの大きさ。こちらもコンパクトでいいのではないでしょうか。

機能についての表記を確認

 梱包されていた箱の脇です。ここで音について触れますが、まず、一番上のHiFi Soundについて。
 元の音源がHiFiで録れていればそれなりに再現してくれます(もちろんmp3などエンコード時に劣化させてしまえば、それはそのまま劣化した音です)。低音域も極々よくあるイヤホンと思ってもらって大丈夫だと思います。
 ただし、上から2つめに書いてある「ノイズキャンセリング」。これはさすがにないと思います。

 箱の逆側です。防水と記されています。さすがに水の中へ落とすなどの実験はしていませんが、イヤホンを装着して運動をし、かなり汗をかきましたが、壊れるようなことはありませんでした。

充電

 充電時はLEDランプが点灯して、完了すると消えるようになっています。

まとめ

 以上ですが、正直いってまず破格の安さにびっくり、あまり期待はしていませんでしたが、想像以上のパフォーマンスで大満足です。
 逆に高級品の持ち歩くいている強迫観念がないので、気楽でいいですよ。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました