普段使いが出来るキャンプ用ガスコンロ、安定の日本メーカー SOTO ST-330

アウトドア

 ソロキャンはもちろんの事、数人規模のキャンプ、バーベキューにも対応できるSOTOのシングルのレギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330。
 SOTOは新富士バーナーという日本の会社のメーカー名で、ほかにも様々なレギュレーターストーブを発売しています。

 私が同商品の購入に至った理由は口コミ、評判がよい事に加え、
・ガスが独立している為、気分的に安心
・ゴトク&脚が4本ついていて安定感がありそう
といったところが大きな要因でした。実際に手にしてみると想像以上商品にびっくり!

外箱の時点でそのコンパクトさを実感

 商品を手にしてまず初めに「箱、小さっ」と思う人は多いのではないでしょうか。そして本体重量は250gしかないので、とにかく軽いです。

ポイントは脚が4本あること

 ごらんの通り、ゴトクと脚が連結しており4本あります。3本のものだと、安定性へのマイナス 口コミが見受けられたので、私の中で4本脚はマスト。

 実際に我が家で一番大きくて重いフライパンを乗せてみました。「リバーライト 極 厚板フライパン」というやつで重さは2Kgありますが、かなり安定しています。

コンビニや100均で購入できるガスボンベ

 ガスボンベはCB缶に対応しているので、コンビニや100均などでも購入できます。家庭用のカセットコンロにはめるやつです。
 取付も簡単で、ホルダーに軽く押し込んで回すだけ。
 着火にライター等は必要ありません。写真上部「SOTO」のロゴが入っている部分のボタンを押せば着火できます。

火の出るバーナー部分について

 バーナーヘッドはすり鉢状になっているので、横風に強そうです。炎口は約300個ついているそうです。

 実際にCB缶のガスを接続して火力を最大にしたところです。青い炎が上がり、このあとフライパンをのせると、あっという間に白い煙があがりました。
 マイクロレギュレーターを搭載しており、連続使用や低温時にもボンベ内の圧力低下に影響されにくく、安定した炎が出るそうです。

収納ケース

 折りたたむと、かなりコンパクトになります。が、ケースは付属しておりません。
しかし、たまたま持っていたマーキュリーの雑貨ケース。。。

 びっくりするくらいピッタリ収納出来ちゃいました。蓋をしめて軽くふってみましたが、内部が動く気配は全くなし。

まとめ

 商品の箱には屋外専用と記されていますが、IHキッチンの我が家では、ガスの火力が欲しい時に活躍させています。あくまで自己責任ですが。
 収納や持ち運びにも便利だし、緊急時の防災グッズとして一つ持っておくのもいいですよね。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました