長方形のキャンプグッズをまとめてダイソーのメッシュケースへ、ピッタリ収納

100均

 キャンプへ行く際の収納ってなるべくコンパクトで、それでいて機能的なほうがいいですよね。バッグの中でばらばらになってしまったり、どこへ入れたかわからなくなったりすると意外とテンションが下がるものです。また、効率的な収納をしていると忘れ物も減ったりしますよね。私は日頃からあれやこれやといろいろ収納術を試したりするのが好きなのですが、今回は長方形で平なキャンプグッズ達の私なりの収納方法を紹介させていただきます。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) カッティングボード

 そもそもなんで長方形で平らなものをまとめようという気になったのかといえばコレの存在です。カッティングボード。長方形でもない特殊な形をしたものなので、なんとなくまとめづらいなと思っていました。かといって、キャンプの現場ではよく使う道具ですし、そもそもこれにステーキなんかをのせて食べると雰囲気的にもかわるんですよね、なぜか。キャプテンスタッグのカッティングボードは竹製なので軽いです。やはり、キャンプの際にはいつも携帯したいと思います。
 ちなみにサイズは取手の部分も含めて約290mm × 約130mm × 約12mm。

一緒に収納するキャンプグッズ

 そこで漠然と考えたのが、これら平なアイテム達の間に挟んでまとめるということです。これらはすべてダイソーで買いました。BBQ用の網、まな板、水切り、水切り受け。網は主にスモークをやる時に使っています。まな板はカッティングボードがあるからいらないと思われるかもしれませんが、ナイフで食材を切るときはまな板、盛り付けはカッティングボードといった使い方をしています(ちょっとしたものならカッティングボードの上で切ってしまいますが)。水切りは鉄板から食材をおろして油を切ったりしたい時に使ってます。

収納ケース

 そして色々試した結果、収納はダイソーで見つけたメッシュケース。大きさは約290mm × 約230mmのものです。大きさ的にはBBQ用の網が過不足ないくらいに収納でき、まな板、水切りはすっぽり入ります。そしてカッティングボードは多少斜めに入れるとしっかり入ります。ファスナーを締めると、かなり納まりの良い感覚です。また前面のメッシュ部分には紙ふきんやビニール袋を入れていることが多いです。いずれも似たようなタイミング使用するグッズばかりなので、ひとつのケースに入れておくと思ったより便利だなと感じました。

まとめ

 正直、これが完成形というわけでもないのですが、いまのところはかなり納得した感じで使用できています。また、ダイソーで揃ってしまうものばかりなので本当にコスパが良いですしね。実は他にもいろいろキャンプグッズ収納には四苦八苦しているのですが、なにか良いアイデアが生まれたら別の機会に紹介させていただきたいと思います。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました