IHキッチンのしつこい汚れを、短時間で超簡単に落とします【動画解説あり】

5.0
キッチン

 私は今住んでいる家で初めてIHキッチンを使うようになったのですが、本当に便利ですよね。もちろんデメリットもあるのですが、とにかく掃除がしやすく清潔感が保てるというメリットは多きいと思います。ただ、使用しているとどうしても表面に焦げ付いた茶色い汚れがついてしまいます。この汚れ、焼きついている感じでとても手強いんですよね。
 ということで、今回はこの汚れを簡単に落とすアイテムを紹介します。特別な準備は要らず本当に簡単ですよ。動画で実際に落としているところを撮ってみたのご覧ください。

実際に作業をしている動画

IHキッチンのしつこい焦げ汚れ、超簡単な方法で手早く落とします。

 動画を見てもらうとわかると思いますが、ただ単に2分少々こすっただけです。使ったのはキッチン用の洗剤とスポンジ。この手のものって、やはり洗剤側に秘密があるものが多いと思うのですが、これは違います。私が試した限り、どのようなキッチン洗剤でも銘柄問わず大丈夫です。

すごいのはScotch Brite(スコッチブライト)

 ずばり、私が動画で使っているスポンジはコレです。スリーエム(3M)ジャパンから発売されているスコッチブライト。ナイロン不織布たわしというやつですね。ペラペラです。使用時は使いやすい大きさにハサミでカットして使います。同メーカーからスポンジの一面に同じような不織布が一面に貼られているものがありますが、正直、効果は別物です。私が使った限り、このペラペラなやつが一番簡単に汚れを落とせます。

 説明を読んでも分かりますが、やはりコゲを落とすことを前提としているのですね。確かに鉄のフライパンにこびりついたコゲも落とせます。ただ、こそぎ落としているというか、汚れ部分を削り落としているような感じなので、使用するときはあまり力を入れすぎないようにしたほうがいいと思います(あまり思い切りやると傷がつく可能性もあるので気をつけてください)。はじめて使うときは様子を伺いながらやたほうがいいかもしれません。動画の方でもさほど力はいれていないのが伝わると思います。

まとめ

 私の場合、汚れは絶対についてしまうものと割り切ってキッチンを使っています。1回の調理でも焦げ付くときは焦げつきますからね。このタワシは私にとって安定のMade in Japanクオリティを感じる優れた商品なので、常に清掃コーナーには存在しております。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました