Apple WatchでマスクをしたままiPhoneのロックを解除【設定方法】

5.0
パソコン・周辺機器

iPhoneの顔認証(Face ID)機能というのはセキュリティー上必要なものですが、マスクをしていると解除が出来ないので面倒ですよね。そんな悩みを一掃する機能が追加されたので早速設定方法を説明させていただきます。必要なものはiPhoneとApple Watchだけです。


ちなみに今回紹介する機能について公式の説明は『マスクを着用していてFace IDで顔を認識できないとき、Apple Watchへのセキュリティ保護された接続を使用してiPhoneをロック解除します。Apple Watchは、iPhoneとの通信範囲内にあり、手首に装着されていて、ロックが解除されており、さらにパスコードで保護されている必要があります。』

少々分かりにくいかもしれませんが、要はApple Watchを着けていればマスクをしていてもiPhoneのロックを解除することが出来るということですね。

事前準備

iPhoneのiOSを14.5以上にアップデートする

【設定】アプリを開いて、【一般】→【情報】という順にタップすればシステムバージョンが確認できます。14.5以上になっていない場合は、【設定】アプリを開いて、【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップしてアップデートを行ってください。

Apple Watchのwatch OSを7.4以上にアップデートする

iPhoneの【watch】アプリを開いて、【一般】→【情報】という順にタップすればバージョンが確認できます。7.4以上になっていない場合は、【設定】アプリを開いて、【一般】→【ソフトウェア・アップデート】の順にタップしてアップデートを行ってください。

※Apple Watchにパスコード(認証用のロック)が設定されていないと利用できないので、必ず設定しておくようにしてください。

設定手順

iPhoneの【設定】アプリを開いて【Face IDとパスコード】をタップすると、【パスコードを入力】画面が表示されるのでパスコードを入力してください。

【APPLE WATCHでロック解除】欄に自分のApple Watch名が記されているので、スイッチをオンにしてください。

「マスクを着用した顔が検出されると~」という画面が表示されるので、【オン】をタップしてください。

これで一通りの設定は完了です。試しにiPhoneを一度スリープ状態にしてから起動させてみてください。この時に「パスコードを入力」という行の下に「Apple Watchでロック解除するにはパスコードを入力、またはFace IDを使用」と表示されていれば成功です。

Apple Watchを装着して、実際にマスクをしたまま認証するとApple Watchが振動してiPhoneのロックは解除されています。

まとめ

マスクをしたままiPhoneのロックを解除することは多くの人が熱望していた機能だと思います。Apple Watchを持っている人は是非設定することをオススメします。コンビニやスーパーなどのレジではかなり重宝しますよ。

関連リンク

パソコン・周辺機器 関連記事
Apple公式

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました