鼻毛のお手入れ原点回帰、ビンテージコウノトリシザー、先が丸いセーフティなハサミ

ヘルスケア

 鼻毛って人間にとって絶対に必要なものだとは思うのですが、現代社会においてはあまり人にはみられないようにするのがエチケットとして定着していますよね。どんなに真面目なことを言っても、どんなに説得力のあることを言っても、どんなにカッコイイことを言っても、鼻毛がチョロっと出ているだけでその印象が変わってしまうことすらあります。
 そのようなことから鼻毛のお手入れに注力する人は多いと思います。私もその一人です。手入れの仕方についてはいろいろなやり方やアイテムが数多くあります。今まで私は主に電動鼻毛カッターとブラジリアンワックスを多用してきました。
 ちなみに私が使用してきた電動鼻毛カッターというのは、電池駆動、モーターでカッターが回転し、その回転部を鼻の中にいれて毛をカットするというものです。もちろん安全対策が施されているのですが、なにせ電動で回転する刃物を鼻の中に入れるものですから少々怖い。細部まで思い切り突っ込むのは躊躇してしまいます。
 そしてブラジリアンワックスというのは、よくテレビの罰ゲームなででも用いられているアレです。ビーズ状のワックスを電子レンジで溶かしてドロドロになったものを専用棒に付けて、それを鼻へ突っ込み、固まったら一気に引き抜くと鼻毛がゴッソリ。これ、慣れるまではかなり痛いです。また、結局自分でやると抜きこぼしが出てしまうことが多いです。更に、これは私だけかもしれませんが、熱しすぎて鼻の穴を火傷したこともあります。

コウノトリ型のおしゃれな鼻毛ハサミ

 ということで私が考えたのが原点回帰、ハサミで鼻毛のお手入れをすることです。とりあえず今まで感じていた前述のような悩みを解決してくれるのではないかと。そこで見つけたのが今回紹介する「LIVINGO」の鼻毛バサミです。コウノトリの形をしたビンテージ感あふれるオシャレなハサミですよね。

専用ケース

 しっかりしたつくりの金属製ケースに入れられて我が家へやってきました。ケース自体の大きさは名刺よりひとまわり大きい程度のサイズ感です。ですので、名刺入れとしても使えてしまいそうです。

サイズ(大きさ)

 写真上部のメモリの単位はcmです。最長辺の長さは約9cmくらいです。はじめて手にしたときは、思っていたより小さいと感じましたが、指を通してみた限り、使いにくいなどの感じはありませんでした。

刃先の形状

 非常にデリケートな部分を処理する道具なので、刃先は丸く加工されています。実際に鼻の中へ入れてカットしてみましたが、恐怖感を感じることなくお手入れができました。凹凸のある鼻の中の意図する場所をピンポイントでカットできるので便利です。また鼻毛だけでなく、眉毛やひげなど、他の部分のお手入れにも使えそうですね。
 今後は電動鼻毛カッターで大まかにカットして、そのあとこのハサミを使って仕上げるといったお手入れ方法に変えようと思います。

まとめ

鼻毛のお手入れ方法にはいろいろありますが、利点もあれば難点も。原点回帰して専用の鼻毛ハサミを持っていれば大半の難点は回避できそうです。さらには他の道具と併用すれば便利に、そしてしっかりとしたケアができるので、オススメです。

Comment - コメント -

タイトルとURLをコピーしました